Skip Header

忘れずに回答を:2020年国勢調査への回答を再度お願いするハガキ

Release Number CB20-CN.42 Japanese / 日本語
シェア:

2020年4月27日 – アメリカ合衆国国勢調査局は、以前に案内を送付した世帯のうち2020年国勢調査にまだ回答していない推定6900万世帯に、回答を再度お願いする通知ハガキの送付を開始しています。案内が3月12日に届き始めて以来、全国の約53.4%の世帯がすでに回答しています。2020年国勢調査に今すぐ回答すれば、その後今年中に行われる国勢調査員による戸別訪問の必要性を最小限に抑えることができます。  

全米の国勢調査参加状況を追跡している国勢調査局のオンライン回答率マップによると、7900万を超える世帯が、オンライン、電話、または郵便ですでに回答しています。

プエルトリコの多くの世帯を含め、当初、国勢調査員が直接手渡しで調査票を届ける予定だった一部の地域では、参加を再度お願いする手紙が国勢調査局から郵便で届くことになりました。手紙が郵便で世帯に届かない場合でも、国勢調査局は、安全が確認でき次第、国勢調査の案内と紙の調査票を届けます。また、自己回答のなかったすべての世帯に国勢調査員がフォローアップを行います。

回答率が特に高かった州は以下のとおりです(上位5州):

  • ミネソタ州:64.0%
  • アイオワ州:61.2%
  • ウィスコンシン州:60.8%
  • ネブラスカ州:60.7%
  • ミシガン州:60.0%

回答率が特に高かった郡(人口25万人以上のもの)は以下のとおりです(上位5郡):

  • ミネソタ州ワシントン郡:73.6%
  • ミネソタ州アノーカ郡:72.9%
  • ウィスコンシン州ウォーキショー郡:72.5%
  • ミネソタ州ダコタ郡:71.8%
  • ミシガン州マコーム郡:70.2%

国勢調査局では、2020census.govからオンラインで回答することを一般の人々に強く推奨しています。オンラインまたは電話では、英語以外に12言語で回答することができます。国勢調査の案内が郵便で届いた未回答世帯には、紙の調査票も間もなく届きます(まだ届いていない場合)。国勢調査局は、これらの紙の調査票の郵送を4月8日から開始しました。調査票は4月30日までに届く予定です。

回答を再度お願いするハガキは、4月27日から5月9日までの間に世帯に届きます。国勢調査局は、紙の調査票が入った小包がこのハガキより数日前に届くようにするため、ハガキの郵送を延期しました。ソーシャル・ディスタンシングが行われている中、郵便小包の宛名付けに以前より時間が長くかかるため、調査票が届く日も延期されました。このハガキは、3月半ば以来、国勢調査局が未回答世帯に回答を促すために送った一連の再度のお知らせの一つです。国勢調査員は今年の夏、自己回答のないすべての住所を訪問して回答を直接収集します。

詳細については2020census.govをご覧ください。

本発表に関連するニュース・リリースはありません。お役立ち情報のみ。

###

Contact

広報室